『食べるを描く』終了間近!興奮必死のジブリ美術館を初体験

食べるを描く

 

『食べるを描く』終了間近!興奮必死のジブリ美術館を初体験

 

 

こんにちは!tes です。

 

今回は、三鷹の森ジブリ美術館にて開催中の“食べるを描く” について、綴ります。

(※このイベントは2018/11/4をもって終了しました)

 

ジブリと言えば、食べ物の描写が独特ですよねー!

白米のおにぎりを頬張る千尋とか、目玉焼きをのせた食パンにかぶり付くパズーなど、「おいしそうー!」と思った人も多いはず。

 

そんな食べ物にスポットライトを当てた当企画。

可能な範囲で、みなさんにも情報共有します。

 

↑お土産に購入したピンバッジとクリアファイル

 

 

―――――――――――――――――――

 

【気になるイベント開催期間は?!】

 

三鷹の森ジブリ美術館にて開催中の当イベント、一般的な美術館でいう特別展示室のような場所で開催されている期間限定イベントなんです。

 

公式サイトにて発表されている開催期間は、

2017年5月27日(土)~2018年11月(予定)

 

まだまだ半年近く開催される予定ですが、ジブリ美術館ってチケット入手が難いので、早めに購入される方が得策です。

 

私は “食べるを描く” に絶対に行きたくてチケット販売開始日の2017年4月10日、

販売時刻の朝10時よりも30分前から待機し、朝10時と同時に購入しました(笑)

 

*実際は、ローソンWEB会員登録が必要とあって急ぎ登録をして、10時12分の購入..

 

とま、行きたい人は早めにチケット買いましょ!

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【チケットの購入方法って?!】

 

ジブリ美術館のチケットは、翌1ヵ月分を毎月10日の午前10時から販売開始しています。

なので、8月に行きたいなーって方は、前月の7月10日からチケットを購入できます。

 

 

 

―――――――――――――――――――

 

【来館時間には要注意?!】

 

ジブリ美術館は、入場時間が限られています!

1日4回・朝10時からの2時間ごとの入場制限。

定休日は毎週火曜日。

 

規制が厳しいのねーと思う方もいると思いますが、逆にいえば季節や時間帯問わず、

いつでも同じ条件で鑑賞できるといった意味では全ての来訪者に対してフェアでいいですよね。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【気になる展示会の感想!!】

 

素直に最高でした(笑)

 

特別展示には大きくわけて2つのスペースがあり、

第一室「食のシーン」 第二室「食事を作るシーン」

以上の2つがメインとなります。

 

“食のシーン” を原画やパネルで紹介した第一室。

さらに、劇中登場するジブリの食べ物が実寸大で再現されており、部屋に入った瞬間にそれをみて「わー!やば!!」と感極まりました。

 

そのまま特別展示を進み、続く第二室。

こちらはもうね、もっと最高。

なにせ、サツキのメイの家の台所や、タイガーモス号のキッチンに入れるんです。

実物大。夢の世界そのまんま。

 

私のジオラマ作品を観て、ファンの方から「こんな世界に迷い込んでみたーい♡」といううれしいお言葉をよく頂きます。

 

ある意味、その夢が現実となった瞬間でした。

「ここでサツキがお弁当を作ってたなー」とか「こんなところでシータは調理してたのか」とか劇中を思い出しつつ、

自分自身もジブリのキャラになれたような気がしました。

 

まさか、ここまでに魅せてくれるとは!

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【まとめ】

 

日本人に留まらず、訪日外国人にも絶大な人気の三鷹の森ジブリ美術館。

今回は、ジブリ美術館の概要を踏まえ、特別展示 “食べるを描く” について綴りました。

 

ジブリは好きだけど未だ足を運ばれていない方、是非この機会に検討してみては!

まず間違いなく、期待の何倍以上も楽しめます!

 

 

ではでは!

tes