ジオラマ制作のきっかけ!点と点の繋がりを綴る

ジブリのミニチュア

 

ジオラマ制作のきっかけ!点と点の繋がりを綴る

 

 

こんにちは!tes です。

 

今回は、ジオラマ制作をはじめたきっかけを簡単にお話ししたいと思います。

まさに、点と点の繋がり・過去の積み重ね。

自分で思い返しても不思議なくらい、様々な要因が1つになるものでした。

 

 

 

―――――――――――――――――――

 

【引きこもり時期と発見】

 

さかのぼること3年ほど前の2015年、ひきこもりになった時期がありました。

 

仕事も・誰かと会うのも・外出ですらも全てが億劫に感じていたこの時期。

今では考え難いほどに1秒1秒を疎かにし、ネットサーフィンとTVゲームの日々。

 

そんな中、ECサイトにて偶然にもジブリのペーパークラフトを発見。

 

最初目に留まったのは、グーチョキパン店。

詳しい写真や商品説明をみて、「これ作りたい!」と、直感で購入した覚えがあります。

 

昔からのモノ作りとジブリ好きな性格、時間を持て余す現状の暇つぶし、そんな状況が当てはまった瞬間でした。

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【一作目は大失敗?!

 

軽い気持ちと好奇心で購入したグーチョキパン店のペーパークラフト。

しかし、完全に甘く見ていました。

 

今でこそ重々承知の、これほどまでに精巧なペーパークラフトにも関わらず、

■ ピンセットなしで制作 ■ 接着は全て瞬間接着剤 ■ 数ミリ規模の寸法ズレを無視

 

当然ながら、制作を進める上で

■ 片方の壁面が斜めっている ■ 指定された穴に厚紙の凸部分が入らない ■ 細かいパーツが所々で紛失

 

写真のようなグーチョキパン店ができず、建物が9割程度できあがったところで中途半端に断念しました。

 

これが、一番最初に手掛けたペーパークラフトの思い出です。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【制作への再挑戦】

 

そんなデコボコスタートでしたが、完全に失敗したペーパークラフトでもなんだかんだ部屋に飾っていました。

 

それから時間が経ち、ふともう一回だけ作ってみようかなーって思ったんです。

それから購入しました。前回と全く同じグーチョキパン店(笑)

 

今回は、ピンセットはもちろん、カッターマットやボンドといったお馴染みの作業道具も準備万端。

すると不思議。それなりの完成度で作品が仕上がったんです!

 

もともと細かい性格だったので、説明書通りに焦らず作ってみたら、それっぽく完成。

このときに作ったグーチョキパン店が、今のジオラマにもあるグーチョキパン店です。

 

ここでの達成感がとてもうれしく、それから不定期ながらペーパークラフトを買っては作りはじめました。

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【ジオラマクリエイターへ】

 

そんなペーパークラフト制作が進み、いくつかのコレクションを並べたときに、

「これでジブリの街が作れそう!」

そんな風に思いました。

 

実は、大学では建築を専攻していたため、ジオラマや模型の制作知識はありました。

 

大学生時代は、さほど建築にも熱中せず、

体調の件もあったのでその道を極めるような勤勉さも真剣さもありませんでしたが、今になってそのときの経験が活かされています。

 

今は不必要に感じられる知識や経験であっても、先の将来で活かされるシーンは必ずある。

そう考えると、平凡な日常生活にもどこか楽しさが感じられますね。

 

その点と点の繋がりがあって、今の自分がいて、今の活動があるんだなと思います。

 

 

 

―――――――――――――――――――

 

【最後に】

 

「予期せぬきっかけによる今の姿」

少なからず、みなさんにも似たような思い出や経験があるかと思います。

 

たまたま時間つぶしにはじめたペーパークラフト。

その当時こそ怠けていた学生時代の勉強や経験。

 

それらが数年のときを経て、このような繋がりとして活かされるなんて。

そのときには悪いと思っていた経験・体験でも、なにかしらに活かされている。

活かされていく。

 

そう考えると、日々の生活の見方も少し変わってがんばれるかもしれませんね。

長いブログを読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

ではでは!

tes