みにちゅあーとでジブリを再現!サツキとメイのお引越しを作る

トトロのペーパークラフト

 

みにちゅあーとでジブリを再現!サツキとメイのお引越しを作る

 

 

こんにちは!tes です。

 

t’s Paper Craft コンテンツ 「スタジオジブリでペーパークラフト」

ジオラマ制作に関する初めてのブログ記事。

 

みなさん、よろしくお願いします!

 

 

 

―――――――――――――――――――

 

今回制作するのは、「サツキとメイのお引越し風景」

 

ちなみに、ペーパークラフトの販売元である株式会社サンケイ様が展開している商品の” miniシリーズ ” と呼ばれる当作品。

いつも作っているシリーズよりもサイズは1/2以下に小さいですが、ディスプレイのしやすさと手軽な作業時間が高評価です。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【作品の概要】

 

今回は、サツキとメイがお父さんと一緒にトラックに乗って、新居まで荷物を運搬してるシーンの再現です。

トラックに詰まれた大量の家具、その家具の隙間から顔を出すサツキとメイがいいですね!

 

 

【実は難しい作品?!】

 

この作品ですが、手のひらにおさまる程度の小ささが特徴的で、一見簡単そうに見えます。

 

ですが、以下の3つに注意:

■ タイヤ部分 ■ 任意の着色作業 ■ 木々の形成

 

タイヤ部分ですが、縁の部分に細長い輪っか型のパーツを接着させるんですが、かなり脆いです。

輪っか型ゆえに手元がぶれやすく、接着箇所を怠るとトラックそのものがガタつきます。

 

こういったパーツの接着は結構難しく、ペーパークラフトの中でも曲者。

 

次に難しく感じたのが、色付け作業 ✑

もともと色分けされたペーパークラフトのパーツ同士を組み合わせることで、

自然な装飾に仕上がるのが、当シリーズの魅力なんですが、人の顔や服といったパーツは、自分の手で着色する必要があります。

 

今回は、サツキ・メイ・お父さん・ドライバーが着色対象となりますが、失敗すると顔が..

 

最後は、木々の形成。

ジオラマ制作の木に関しては、基本アイテムの”ラウンドスポンジ” を使用し、形成します。

 

ジオラマグッズの専門店等で手に入る「草造君」「葉造君」といった専用ボンドと、

適量の水を混ぜることでスポンジに粘着性が生まれ、それをボンドと併用し厚紙に接着。

 

半日~1日ほど放置することで、スポンジがリアルな木のようになります!

 

↑今後のブログで掲載予定のジオラマ風景

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【最後に】

 

このミニシリーズは、制作時間が少なく済むので、スキルに自信はあるけど手持ちの時間がない方にはオススメですねー!

是非是非、ジブリ好きの方は挑戦!

 

 

ではでは!

tes