ペーパークラフトでジブリの街づくり?!みにちゅあーと制作記録2018

ジブリのミニチュア

 

ペーパークラフトでジブリの街づくり?!みにちゅあーと制作記録2018

 

 

こんにちは!tes です。

 

t’s Paper Craft コンテンツ「スタジオジブリでペーパークラフト」

 

お待たせしました!
いよいよ本題であるジブリの街づくりについて、その制作活動と製作結果を綴ります。

 

 

 

―――――――――――――――――――

 

【制作の大きな主旨】

 

前回のブログでもお話しした通り、大切なことは「ジブリのパラレルワールドを制作する」ということ。

 

同じジブリ映画同士の作品を隣り合わせにしたり、映画の世界を忠実に再現するのも面白いんですが、

それだけでは単なるジブリのミニチュアワールド

 

ここでは、いかにして周りの方々に

「ジブリ映画の世界とはどこか違うけど、こんなジブリの世界があったら思わず迷い込んでみたーい!」と思わせるか。

 

良い意味でシュールなパラレルワールドを制作することを念頭に入れたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【実際の制作内容と一工夫❶】

 

さて、前回お話したコンセプトは以下:

 

①海の見える街の小高い丘の上に、グーチョキパン店を設置

②グーチョキパン店の横にサツキとメイの家を設け、玄関先に丘を作る

 

①のコンセプトにおいては、グーチョキパン店の底上げ作業が第一ステップ。

海の見える街(コリコの街)の小高い丘と同じ高さの底上げ土台には何を使うか。

 

 

もちろんコレ ↑

模型資材としては鉄板のスチレンボード

 

小高い丘の高さに合わせてボードをカットし、グーチョキパン店を囲うようにして、周囲に壁面を設けていきます。

 

壁面には、コンクリートやレンガ調のデザインシートを張り付けて装飾加工。

散らすようにして、グレインペイント等で葉っぱのような植物感を今回は作りました。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【実際の制作内容と一工夫❷】

 

②においては、①同様の底上げを行った後、ラウンドスポンジ等を散らした自然な環境作り。

 

木の制作には、こちらも造形グッズでは有名なトゥリークを使用し、森林を形成していきます。

枯れ木・芝生・石といった細かいパーツも設け、どこか田舎のような雰囲気を作りました。

 

 

順調に制作も進み、キキとジジの実家も適当な場所へ設置してみました。

 

さらに、モデリングウォーターと呼ばれる池や川などの形成に必要なグッズも使用。

かなり雑な仕上がりですが、4月はこんな形に仕上がりました。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【4月の制作を振り返って】

 

今回は、上にあげた2つのコンセプトに沿って、

・魔女の宅急便 ・となりのトトロ

といった2つの世界を溶け込ませました。

 

現段階では、1つ1つのペーパークラフト作品を1つの土台に並べた感がまだあります。

各作品を違和感なくつなぎ合わせ、1つのジオラマとして表現できるまで、地道な作業を継続していきたいと思います。

 

長い作業ではありますが、この先の街づくりも温かく見守ってくださいね!

 

 

ではでは!

tes