手元作業が細かすぎ?!みにちゅあーとで基本を学べ

千と千尋の神隠しのペーパークラフト

 

手元作業が細かすぎ?!みにちゅあーとで基本を学べ

 

 

こんにちは!tes です。

 

t’s Paper Craft コンテンツ 「スタジオジブリでペーパークラフト」

今回は、テーマから剃れた小ネタについてブログを綴りたいと思います。

 

 

―――――――――――――――――――

 

【ペーパークラフトの種類】

 

毎度お馴染みのペーパークラフトですが、ジブリ以外にも種類が盛り沢山なんです。

 

それこそ身近なものが多くて、例えば:

 

■ 交番

駐在所でよく見かける手配書の看板をはじめ、お巡りさんの自転車など

■ 公園

滑り台、鉄棒、シーソーなどの遊具をはじめ、砂場など

■ コンビニ

コンビニ内の商品を含むインテリアをはじめ、ごみ箱、窓に貼られたポスター、自動販売機など

■ その他

酒屋、タバコ屋、歩道橋、駐車場など

 

昔を漂わせるような建物・お店・施設といったラインナップが目立ちますね。

20代以上の方々にとっては「あ!こんなお店あったわー!!」と懐かしい気持ちになるような作品が多く、

ジブリ同様に大好きなシリーズです!

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【ジブリシリーズとの相違】

 

映画を観てもわかるように、ジブリの作品って特徴的な建物等が多いので、

それを忠実再現するための作業には非常に手間がかかります。

 

外観だけなく、内観にもこだわる作品となるとその制作時間も倍以上になります。

特に、千と千尋の商店街シリーズに出てくるお店のイスやお皿に乗った食べ物を何個も何個も作る作業には、スキルよりも忍耐力が必要かと。

 

 

私は忍耐力ではなく、そもそも細かい性格なので10時間近くペーパークラフト作業を継続しても苦にはなりません。

 

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【実際の難易度は?!】

 

基本、建物中心のペーパークラフトは製作時間が短い傾向にあります。

一方で、歩道橋や屋台のような建物以外のペーパークラフトは長い傾向にあります。

 

理由としては、

■ パーツが小さい上に細く、接着が難しい

■ 強度が低いため、曲がったりヘナりやすい

■ 建物のような大きな土台や芯がないため、

全体のバランスが崩れやすい

 

実際に制作してみて実感する相違ですね。

 

 

―――――――――――――――――――

 

【名脇役的ペーパークラフト?!】

 

難易度の高い “歩道橋” “屋台” といったペーパークラフトシリーズですが、ワンポイントアイテムとして最適なんです。

まさに、映画でいう “名脇役” 的な立ち位置。

 

■ 平凡に作った道路に歩道橋を掛ける

■ 神社の神道近くに屋台を設置する

 

この一工夫が、ジオラマを映えさせます。

 

もちろん、これらのシリーズを集結させたジオラマ制作においては彼らが主人公。

私の制作しているジブリのパラレルワールドにおいては、脇役的存在といった形ですね。

 

↑結局は、ジブリ作品に似て細かいパーツたち

 

 

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【最後に】

 

ジブリのペーパークラフトとは違い、昔を懐かしむペーパークラフトシリーズも、作っていて十分楽しいですね。

 

作品の中でコンビニにあるポスターとか商品、自動販売機に売られているジュースの数々、

ポスターに掛かれた文字などをみて、思わずツッコミたくなることも多々。

 

ジブリシリーズに比べて値段も安いので、お暇なときに作ってみてくださいね。

 

 

ではでは!

tes