弾き語り基礎!はじめに理解してほしい厳選奏法知識

こんにちは!tes です。

 

今回は、ジブリ楽曲の弾き語りに伴う

ギターの奏法知識を共有したいと思います 🎸

 

弾き語りといえばアコギが定番ですが、

私(テス)は実のところアコギが苦手です..

なので、エレキに空間系のエフェクトを加え、

哀愁漂う音色と指使いをメインとした

楽曲コンテンツが主体となってます 😐

 

あらかじめよろしくどうぞん。

 

ジブリのギターカバー

 

―――――――――――――――――――

 

【弾き語りギターの特徴】

 

この楽曲を問わず、弾き語りにおいては

“一人複数役” が重要 🎸🎤

 

一般的なバンドスタイルでいうギターは、

ボーカルの次に重要な “楽曲の装飾担当”

 

料理(カレーライス)で例えるところの、

●ボーカル = ルー

●ギター = 具材

●ベース = ご飯

●ドラム = お皿

的な立ち位置(?)なので、融通が利く上、

自由な行動できるのが特徴です 🍛

*カレーも具材の種類や量を自由に選べますよね

 

しかし、弾き語りにおいてはこれらのパートを

全て単独で担う必要があります。

 

❶ボーカルとギターを合わせたメインパート

❷ベースとドラムを合わせた伴奏パート

 

上の2パートを繊細かつ並行に奏でることで、

ピアノのような単独演奏が可能になることを

覚えておいてくださいね 🎹

 

―――――――――――――――――――

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【実例で解説!】

 

この演奏が良い例かもですー!

みんな大好き「テルーの唄」

 

 

※このギターラインについては、名ギタリストである

南澤大介さんの著書(下)を参考としております。

 

 

ここでの演奏においては、

ボーカルパートに当たるメインメロディーと

その横で流れるオーケストラ調のコーラス部分を

互い違いに鳴らしています。

 

ボーカルの休符部分における繋ぎとして

あえてコーラス部分を当てはめることで、

あたかも一つのメロディーであるような

メロディーラインを形成しているといえます。

 

「(さすが南澤大介さん 😭)」

 

それと並行に、伴奏パートとなる部分も

ベース音をなぞる様にして各小節の頭で

全音符分鳴らしているのがわかると思います。

 

この掛け合わせが単独演奏の肝 😐

伴奏によるコード進行に唄メロの重ね合わせ。

 

実際に弾いてみると、結構頭は使いますが、

弾けるとかなり尊敬されます(笑)

 

―――――――――――――――――――

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【まとめ】

 

ギターの弾き語りとなる法則性。

❶ボーカルとギターを合わせたメインパート

❷ベースとドラムを合わせた伴奏パート

 

これらの掛け合わせによって

弾き語りが成り立っていることは、

なんとなく理解していただけたでしょうか?

 

次回は、実際の指使いを踏まえた上での

“実践テク” について綴りたいと思います。

 

今回もブログも読んでいただき、

ありがとうございましたー!

 

 

ではでは!

tes

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

▼ カバー著書 📚

 

▼ 使用機材 🎸

 

▼ 録音機材 📱