ハクとパズーとシータの出逢い?!紙芝居で明かす終幕後のジブリ物語とは

こんにちは!tes です。

 

ジオラマアーティストがお送りする紙芝居、

ジブリのパラレルワールド物語第2弾!

幕切れ後のハク物語も勝手に完結編。

想像以上のボリュームになりました😐

 

これまでのハク物語を通じて、

様々なパラレルワールドの構成が判明しました。

 

● ハクはジブリの街の警務部隊長

● ドーラ一家は善人な海賊一味

● ムスカ一味の壊滅とラピュタの実在

● 湯婆婆市長と故・タタラバとの連携体制

etc.

 

▽ これまでのハク物語は(海外ドラマ風に)

 ①ハク物語[序章]はコチラ 

 ②ハク物語[真相]はコチラ 

 ③ハク物語[解明]はコチラ 

 ④ハク物語[過去]はコチラ 

 

緊迫していたハク物語もエンディング。

5話にも渡るハク物語の完結編を、

くれぐれも気軽にお楽しみください 😐

 

 

ジブリのミニチュア

▲ 彼らの話合いも落ち着きを取り戻し始めた

 

―――――――――――――――――――

 

【とある物語⑧📖】

 

ジブリの街

 

それは、ジブリをこよなく愛する1人の者が

ジブリ映画に登場する様々なキャラをはじめ、

様々な建物・シーンを寄せ集めて作り上げた

夢のようなパラレルワールド 🌎

 

美味なる飲食店が立ち並ぶ不思議な商店街、

古き獅子の神を祀る神秘なる御池、

音と食に洗練されし海へと続く道、

まさにジブリ好きが注目する憩いの街。

 

 

この街は、未だ拡大の最中。

 

この日、至る所に点在する空き地の一角にて、

不思議な集いが目撃された。

 

ジブリの街・警務部隊長ハク 🐉

海賊の一味・ドーラ一家 🍖

 

正しき者と悪しき者たち。

世間一般にはこう思われて当然な両者の集い。

 

しかしこの日、対極的な彼らの隔たりは、

この街に好ましい形で消え去った🌳

 

 

ハク警務部隊長:

「しかし、まさか..

あの天空の城が実在していたとは。

この街の警務部隊に配属されて間もないが、

君たちのような者たちと出会えて光栄だ。」

 

ルイ(ドーラの息子):

「おれらのような海賊を捕らえるはずの

警務部隊長さんがそんな風なことを言って

大丈夫なのかい?」

 

ハク警務部隊長:

「この街を管轄するオーナーは

そんな隔たりを好まない人なんだ。

むしろ望ましい関係になれるさ。」

 

様々な物語を経て、長きに渡る時が流れた。

 

たとえそれが対極的な関係性であっても、

それは”単なる肩書き”で片づけられるような

小さき悩み、小さき争いであるのかもしれない。

 

ハクとドーラ一家の会話を後ろで密かに聞く、

カオナシがそう思った。笑

 

―――――――――――――――――――

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【とある物語・完 📖】

 

ハク警務部隊長:

「2人、名はなんという?」

 

ここまで目立たず、話の脇にいた

2人の少年と少女に話は流れた。

どこからどう見ても海賊とは思えない

その誠実な容姿と元気に満ち溢れた表情。

 

ハットを身に着けた少年が口を開いた🐤

 

パズー(少年):

「ぼくはパズー!この子はシータ!」

シータ(少女):

「よろしくね!ハクさん!」

 

その後も、彼らとドーラ一家の話が続いた。

天空の城ラピュタを共に目指した彼らの旅、

パズーが暮らしていたスラッグ渓谷と親方の話、

シータの故郷・ゴンドアの谷と飛行石の伝説、

ハクの前職や川で知り合った女の子の話。

 

時間を忘れ話し込んだ彼らだったが、

ついに別れの時を迎えた。

 

最後、ハクから発せられた言葉の1つが、

ハクの誠実さを物語った。

 

ハク警務部隊長:

「パズー、シータ。こちらこそよろしく。

忘れないで、私は君たちの味方だからね。」

ドーラ:

「泣かせるじゃないか🍖🍖🍖」

 

 

遥か天空の城より現れし、

2人の若者と海賊の一味。

 

ジブリの街・ニギハヤミ交番所属の警務部隊長

ハクとの出会いはこうして始まった。

 

 

―――――――――――――――――――

スポンサーリンク



―――――――――――――――――――

 

【まとめ】

 

ついに完結しました😐

我ながら絶妙な中間的クオリティ。

 

湯屋を去った後のハク物語。

お楽しみいただけたでしょうか??

 

ハクの物語は、また異なった形で続きます。

 

突如、ニギハヤミ交番に入った一報。

それは、かつて太古の森にて滅んだとされた

不死身の生き物にまつわる目撃情報だった。

 

次回のパラレルワールド物語も、

気長にお楽しみに!

 

 

ではでは!

tes

 

ーーーーーーーーーーーーー

▼ オススメ関連ペーパークラフト