ジブリ美術館_ペーパークラフト

ジブリ美術館を完全再現!続:ペーパークラフトでトトロの窓口づくり

 

こんにちは!tes です。

今回は前回の続きである『トトロのにせ受付』制作についてお話します!

 

 前回のブログでは、『ジブリ美術館限定ペーパークラフト』である ”トトロのにせ受付” 作りについて解説しました。

まるでジブリ美術館?!限定仕様ペーパークラフトでトトロの窓口作り 

 

ジブリ美術館のにせ受付

 

さて、次はみなさん大好き装飾作業ですー!

 

装飾作業箇所

 

このジブリ美術館限定ペーパークラフト『にせ受付』では、受付の屋根部分に対し、『植木』と『雑草』を設ける作業が必要となります。

まずは、ラウンドスポンジで植木部分にあたる装飾を施していきます。

雑草づくりについては後程!

 

スポンジで植木作り

 

ここでの工程は毎度お馴染みなものですね。

 

まずは、ペーパークラフトキットに付属しているスポンジに、『草造くん』と呼ばれる専用ボンド(適量)とペットボトルのキャップ一杯分の水を混ざ合わせていきます。

 

※付属している専用スポンジ(内容量は十分)

 

※水の量が多すぎると乾燥までに時間を要するので注意

 

※草造くんを適量塗布

 

次に、割箸などを用いて草造くん・水・スポンジをしっかりと混ぜ合わせたら、一般の木工用ボンドを受付の屋根部分一面に塗布し、その表面上にスポンジをのせていきます。

 

※しっかりとスポンジに染みこませます

 

この後、この植木(スポンジ)の間に雑草を植えていく作業を行うので、スポンジが密集しすぎないようにのせていくことがポイント!

 

ちなみに、ここでの作業がわかりやすい動画をSNSへアップしています。

そちらも合わせてチェックしてみてくださいー!!

 

制作動画_Short P.V.

 

tes CRAFT[Instagram]

tes CRAFT[Facebook]

 

スポンサーリンク

色画用紙で雑草づくり

 

ラウンドスポンジによる植木作りが終わったら、次の工程・雑草づくりへ。

ちなみに、この装飾作業(雑草づくり)は初めての体験でした!

 

まず、付属している色画用紙2枚(2色)を、漫画やアニメに登場しそうなベタな雑草の形にカットしていきます。笑

 

※単純にこんな形に(小さすぎてピンボケ..)

 

※本数は10枚~20枚程度が理想

 

カットした雑草パーツは、植木の隙間へ差し込み、既に塗布してあるボンドへ接着されるよう設置していきます。

 

接着する際、雑草の向きを左右前後と無造作に変えたり、葉を途中から曲げたりすることでよりリアルな雑草を形成することができます。

雑草の色も偏らないように、まばらに設置してきます。

 

 

ボンドの量を考慮すると、乾燥までに最低でも半日~1日程度放置することが理想。

また、余ったスポンジを雑草同士の隙間に埋めたり、既に設置済みのスポンジの上へさらに重ねることで高低差にも程よいバラつきが生まれ、再現率を高めてくれます。

さらに余ったスポンジは、地面や受付の裏に接着して余りなく使うのもよいと思います!

 

この雑草づくり自体は、みにちゅあーとシリーズの中では稀な作業なので新鮮でした(^^)/

 

まとめ

 

これでジブリ美術館限定ペーパークラフト『にせ受付』が完成です!

 

 

写真や動画の撮影時間を覗けば、制作時間は1時間30分程度だったかと思います。

 

初心者でも取り組みやすい上、実在するジブリ美術館の一角を再現したペーパークラフトなので、これはこれで楽しめること間違いなし!

是非みなさんも、ジブリ美術館へ足を運ばれた際はお土産屋さん『マンマユート』でこのペーパークラフトを探してみてくださいね!

 

 

ではでは!

tes