ジブリのペーパークラフト

細部がスゴイ!ペーパークラフトでハウルの城造り

 

こんにちは!tesです。

 

お待たせいたしました。

前々回のブログからご紹介しているペーパークラフト

「ハウルの城とソフィー」

 

その最後にあたる今回のブログでは、映画タイトルそのものでもある「ハウルの城」についてお話したいと思います。

 

 

▼ 前々回のブログはコチラ

スタジオジブリmini)ハウルの城とソフィーを作る

▼ 前回のブログはコチラ

ハウルを再現!ペーパークラフトで映画さながらの世界観を作る

 

 

お城の精密さ

 

ジブリのペーパークラフト

 

見てもお分かりの通り、ハウルの城に用いられているパーツはとても小さいものばかりです。

あの独特な外壁の凹凸感や煙突等の無造作な飛び出し具合を再現するためには、これくらいの細かさが必要なんだと感じました。

所々、着色作業を施すことで再現率が高くなるとのことですが、着色なしでも十分かもしれません”(-“”-)”

 

型抜きと接着

 

それでは、いつも通り説明書に従ってパーツを小分けにしていきます。

 

まずは、お城の背面部分に当たるパーツを切り離します。

この背面部分が土台となり、このパーツに対して様々な形状のパーツを貼り重ねていく流れとなります。

下の写真にある❶~❹の小ささ。。これらの型抜きと接着作業が後に控えていると考えると。。笑

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

この背面部分のパーツ上には、これから重ね貼りしていく各パーツの接着位置の目安となるガイドラインが引かれています。

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

ガイドラインに沿って貼り付けていくとこんな感じに!

 

ジブリのペーパークラフト

 

「小さい!!」って思ったそこのあなた。

まだまだ甘いですよ”(-“”-)”笑

 

制作動画の一部は、Instagramにてご覧ください☆

tes CRAFT – Instagram

 

 

お城の特徴

 

一つ一つ接着していくとこんな感じに。

ハウルの城らしく、無造作に外へ飛び出している煙突等が特徴的ですね。

それぞれのパーツは非常に脆いので、曲がらないように取り扱いには注意しましょう!

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

スポンサーリンク

 

最終工程

 

ここからはひたすら重ね貼り。

お城の頭頂部的な箇所のパーツが見え始めました。

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

これはお城の目部分にあたるパーツ。

小さいでしょーーーーーー??

 

ジブリのペーパークラフト

 

「貼り付けるの難しそうーー。」と怖がっているあなた。

まだまだ甘いですよ”(-“”-)”

 

本当に怖いのは、このパーツがピンセットから飛んで行ってしまったとき。笑

床がフローリングならまだしも、フワフワのカーペットを敷いている私のような部屋の場合、見つからない可能性もありです。。”(-“”-)”

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

お城を真横から見るとこんな感じ。

厚さが大分増したことがわかると思います。

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

完成したハウルの城とソフィーたちと土台を組み合わせ、背景には情景シートを用いました。

映画の世界ではこのとき悪天候でしたが、ここでは快晴です☆

それでもソフィーが丘を登ってハウルの城を目指している雰囲気は出ていますよねー!

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

ここで一旦ペーパークラフトのミニシリーズはお休み。

次のテーマは、「ペーパークラフトでジブリの家づくり」???

 

制作時間の目安は25時間らしいです。笑

がんばります!

あ、でもその前に、ジオラマクリエイター活動1周年のブログも更新させてもらいますね!

 

 

ではでは!

tes