借りぐらしのアリエッティ

続:入門版)簡単miniシリーズで作るアリエッティの部屋作り!

 

続:入門版)簡単miniシリーズで作るアリエッティの部屋作り!

 

こんにちは!テスです。

 

前回と同様、今回ご紹介するペーパークラフトは

「借りぐらしのアリエッティ」

 

▼前回のブログはコチラ!

25時間もの超大作)アリエッティ達の地下住居を作る

 

基礎部分となる土台と壁面はできたので、

次は装飾作業に入ります!

 

ジブリのペーパークラフト

 

 

装飾作業概要

 

装飾作業とは、私自身がよく使っている用語ですが、

下のような木々・芝生を作る作業を指します。

 

 

 

自然を表現する際のパーツには

ランドスポンジやパウダーがよく用いられますが、

みにちゅあーとでは付属品として入っているため、

追加で購入することはまずありません!

 

■セット内容:

 レーザーシート〔A~U〕21枚、ベース1枚、

 印刷シート4枚、パウダースポンジ、組立て説明書

 

 

これらをボンドを使って接着していくわけですが、

よりリアリティを追求したい場合は、

植栽ボンド『草造くん』に使用をオススメします!

 

 

 

【植栽ボンド編】草造くんが便利

 

光栄堂さんが販売されている『草造くん』は、

木々・芝生作り専用の植栽ボンドで、

tes CRAFTのブログでも度々登場する優れものです!

 

 

普通のボンドとは使用方法が異なり、

一度水に溶かして液状化する必要があるため、

私は紙コップに少量の水と草造くんを入れて、

割箸で混ぜ合わせるように使用しています。

 

ジブリのペーパークラフト

 

ジブリのペーパークラフト

 

多少手間は増えてしまいますが、

この液状化した草造くんにスポンジを適度に浸し、

厚紙にそのまま付着することで、渇いた後の

スポンジの硬質具合がよりリアルになります。

 

借りぐらしのアリエッティ

 

デメリットとしては、スポンジが渇くまでに

半日~1日程度の時間を要すること。

 

その分、乾いたあとの立体感はまったく違うので、

是非一度お試しくださいね!

 

 

スポンサーリンク

 

【キャラ作り編】地味に大変な重ね合わせ作業

 

みにちゅあーとシリーズの特徴でもある

厚紙の重ね合わせによる3次元の形成方法。

 

その典型例でもあるキャラクター作りですが、

例えばここで登場するアリエッティの母こと

ホミリーも最初はこんな感じののっぺらぼうです。笑

 

ジブリのペーパークラフト

 

上の写真の右半分に写っている細かいパーツが

ホミリーの衣類や靴等を表現するものになりますが、

これらを何枚も重ね合わせて接着することで、

キャラクターの立体感を形成していきます。

 

ジブリのペーパークラフト

 

(徐々に重ね合わせていくと、、)

 

ジブリのペーパークラフト

 

あとは必要に応じて髪を黒く塗ったり、

着色を施せばキャラクターの完成です!

 

 

【完成編】アリエッティの部屋作り

 

装飾作業・キャラクター作りが終わり、

これまでに作ってきた基礎部分に接着させたら完成!

 

借りぐらしのアリエッティ

 

かわいいアリエッティの部屋になりました(^-^

 

 

スポンサーリンク

 

今回のまとめ

 

以上、アリエッティの部屋作りでした!

 

入門版とは言え、細かい作業には違いないので、

説明書に書かれているピンセット等の必要な道具は

必ずそろえて作ってくださいね!

 

また、みにちゅあーとシリーズはどの作品も

一定のスケールを基準に作られている(※)ため、

他の作品と並べてみると迫力が増しますよ!

(※作品によっては異なるものもあり)

 

ペーパークラフト みにちゅあーとキット スタジオジブリmini 借りぐらしのアリエッティ ホミリーとアリエッティ MP07-101

 

以前作ったアリエッティの地下住居と並べると、

より一層アリエッティの家らしくなりますね!

 

借りぐらしのアリエッティ

 

いつもご閲覧いただきありがとうございます。!

他のブログも是非読んでみてくださいね(^-^

 

ではでは!

 

tes

 

 

↑お得なご注文はこちら