1/150スケール)キキとウルスラのアトリエ(魔女の宅急便)

 

1/150スケール)キキとウルスラのアトリエ(魔女の宅急便)

 

こんにちは!テスです。

 

今回ご紹介するのは久しぶりのジブリ作品

『魔女の宅急便』のペーパークラフトです!

 

意外と名前の知られていないキキの友達・

ウルスラという女の子が生活する山小屋を

みにちゅあーとキットで作りたいと思います!

 

(大きな木も印象的!)

 

 

ペーパークラフト概要

 

【セット内容】

■ レーザーシートA~P(16枚)

■ プラ板(1枚)

■ 地面・樹木(スポンジ、粉)

■ 組み立て説明書

(※セット内容等の情報は、下記商品ページより一部抜粋)

 


 

 

【商品仕様】

■ 1/150スケール

■ 商品サイズ:W125×D92×H136

■ 紙模型

■ 組立キット

■ 組立時間:9時間前後

 

 

組立時間の大半は、

『木』と『木の葉っぱ』作りに要しました。

山小屋・小物・キャラクターづくり自体は

そんなに難しくない方だと感じます!

 

 

【はじめに】新しい作業台について

 

使うパーツはたったのこれだけ!

見ただけでどこに使うパーツかもわかりやすく、

初心者でも取っつきやすい印象です。

 

 

今年作ったアリエッティの地下住居に比べたら

楽々作れそうです。。笑

 

 

 

さて、上の写真にある製作スペースは

割と最近リニューアルした自宅の製作スペースです。

 

カッターマットの下に組立説明書を挟み込める上、

作業台を明るく照らすライトを設置したので、

作業がとてもやりやすくなりました!

 

カッターナイフやピンセットを用意してスタートです。

 

 

【工程❶】ウルスラの山小屋づくり

 

最初の工程は山小屋の壁面づくり。

説明書に沿ってパーツを切り取り、重ねていきます。

 

 

木工用ボンドの塗布量は少なめに!

 

縁に沿って玉を作るようにボンドを塗布し、

パーツ同士の接着面を優しくこすりつけて

ボンドを広げ馴染ませることで、

早くもなく、遅くもなくでボンドが固まります。

 

4つの壁面を固定したらこんな感じです!

 

 

 

ちなみに、解説用ではなりませんが、

製作風景はこんな感じです!

 

 

 

スポンサーリンク

 

【工程❷】天井と足場作り

 

山小屋の天井部分にあたるパーツを付けると

土台としても安定してきます。

 

 

続けて、屋根裏の梁にあたるパーツを接着し、

玄関前の足場を組み立て、屋根を貼る準備を整えます。

 

 

 

【工程❸】屋根作り

 

屋根部分に関しては、適度な『へ』の字となるよう、

あらかじめてパーツを中心から曲げていきます。

ベストな『へ』の字ができたら、

パーツの中心線上(棟にあたる部分)にパーツを接着。

 

 

屋根の縁(ケラバ)にあたる部分にもパーツを接着し、

屋根部分を完成させます。

 

 

特別に難しい作業ではありませんが、

慣れてない方はパーツを慎重に折り曲げ、

十分に時間をかけて作業を進めてください。

 

 

スポンサーリンク

 

今回のまとめ

 

完成した山小屋がこちら!

 

 

ここまでの製作だけでも満足度抜群!

ウルスラのかわいい山小屋ができました(^-^

 

 

さて、解説のタイミングを逃してしまいましたが、

下の写真にある歯の形のようなものが縦に重なった

パーツを柱の表面に接着する際、

しっかりと垂直になるよう向きに注意してください。

 

 

というのも、小さいペーパークラフト作品である分、

少しでも角度が乱れるだけで見栄えが悪くなり、

どこか不完全燃焼な作品になりかねません。

 

適材適所!全集中!!!(鬼滅の刃より)

 

 

引き続き、キキとウルスラのアトリエ作りを

お楽しみください!

 

 

ではでは!

 

tes

 

 

▼ 当作品の詳細はコチラ