ウルスラのアトリエ製作)地道過ぎる巨木づくり!

 

こんにちは!テスです。

 

前回・前々回に引き続き

『魔女の宅急便』のペーパークラフトをご紹介します!

 

キキの友達・ウルスラが生活する山小屋を

みにちゅあーとキットで再現するお話でしたね。

 

前々回の山小屋作りに続き、

前回は小物とキャラクター作りまで解説しました。

(製作風景は下の動画にて)

 

 

 

今回はその続きで最もタフな工程にあたる

『木』作りについてお話していきます!

 

 

 

おさらい)ペーパークラフト概要

 

みにちゅあーとキットシリーズにしては珍しい程に

パーツ数が少ない印象の当作品。

セット内容・商品仕様は以下となります。

 

 

【セット内容】

■ レーザーシートA~P(16枚)

■ プラ板(1枚)

■ 地面・樹木(スポンジ、粉)

■ 組み立て説明書

(※セット内容等の情報は、下記商品ページより一部抜粋)

 


 

 

【商品仕様】

■ 1/150スケール

■ 商品サイズ:W125×D92×H136

■ 紙模型

■ 組立キット

■ 組立時間:9時間前後

 

 

スポンサーリンク

 

【解説編❶】一般的な木づくりとは

 

ジオラマにおいて一般的な木づくりとは、

『トゥリーク』と呼ばれる造形グッズを用いた

木づくりかと思われます。

 


 

 

トゥリークは光栄堂さんが販売している造形グッズで、

樹木の幹・枝材として扱えるものです。

 

根元にはハンダ付加工がされていおり、

土台に刺しやすい仕様となっていることが特徴です。

 

また、

針金のようなものが上部に向かって飛び出しており、

これが木の枝のような無造作な広がりを再現します。

 

私のジオラマ製作でも度々活用してきました!

 

 

 

『葉』の部分には『ラウンドスポンジ』と呼ばれる

小さな綿のような造形グッズを使用し、

葉のようなフワフワ感を再現することができます。

 


 

 

こちらも光栄堂さんが販売している商品です。

木の葉だけでなく、

雑草等にも使える万能な造形グッズといえます!

 

 

【解説編❷】木づくり専用のボンドとは

 

先程ご紹介した光栄堂さんの『トゥリーク』と

『ランドスポンジ』を接着する際、

木工用ボンドや瞬間接着剤を使用してもOKです。

 

ただ、ランドスポンジの質感を保ちつつ、

程よい硬質感を加えてスポンジ同士の

接着力を高められる専用のボンドがあります。

 

その名も、『草造くん』『葉造くん』

 


 

 


 

 

かわいい名前ですよね!

正直、毎度毎度のご紹介になってしまいますが、

それほどオススメできる造形グッズなんです!

 

『草造くん』は、軟らかい質感を再現する役割があり、

草地や砂地表現を担当する接着剤といわれています。

 

『葉造くん』は、硬めな質感を再現する役割があり、

ランドスポンジと混ぜ合わせて低木やブッシュ・

植え込み・樹木の葉としての表現に最適です。

 

つまりは、

木を作る上では『葉造くん』がオススメですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

【工程❼】木づくり

 

ではでは、本題のペーパークラフトに話を戻します。

 

一般的な木づくりでは

『トゥリーク』『ランドスポンジ』を使用しますが、

さんけい様のみにちゅあーとシリーズでは、

『トゥリーク』の部分に

ペーパークラフトが使用されることが大半です。

 

そのため、下のような木の幹・枝にあたるものを

商品に付属のペーパークラフトを用いて形成し、

そこにランドスポンジを接着していく形となります。

 

 

トゥリークよりも一見簡単そうな作業ですが、

ペーパークラフト仕様の枝を

木の幹につけていく作業は地道かつ繊細で、

向きにも注意しつつ中心から八方向に伸びる

木の枝を作り上げていくタフな作業となります。

 

 

 

 

もちろん、本物の木自体がが左右対称ではないので、

高さの乱れや左右のズレは適当で良いと思います。

 

木を作ったらそこに葉をつけていきましょ!

 

 

【工程❽】葉づくりと装飾作業

 

葉に使用するランドスポンジについては、

商品に付属しているケースが大半です。

 

私の場合、付属のランドスポンジを使用しつつ、

先にご紹介した『葉造くん』と適量の水を加えて、

木工用ボンドを塗布そたペーパークラフト上に

割箸やピンセットを用いて接着することが多いです。

 

 

スポンジの湿り気が多い分、完全に乾燥するまでには

1~2日程度の時間を要することがデメリットですが、

長丁場のペーパークラフト製作である分、

適度に休憩を挟むという意味でも

このような待ち時間は貴重なものです。

 

一旦は地道な作業に目を凝らし、集中し、

スポンジが乾燥するまでは

別の趣味に時間を充てたりするも良し。

仕事や勉強に励むのも良しと考えています!

 

ご参考までにどうぞ(‘◇’)ゞ

 

 

スポンサーリンク

 

今回のまとめ

 

次回のブログでは、

葉をつけていく様子を動画でご紹介しつつ、

この作品を私のジオラマボード上に

組み合わせていくお話をしたいと思います。

 

いつもブログをご購読いただき、

本当にありがとうございます!

 

 

続きはまた次回のブログで!

ではでは!

 

tes

 

 

▼ 当作品の詳細はコチラ