もののけ姫_みにちゅあーと

もののけ姫と山犬!ペーパークラフトでつくる緑豊かなジブリの世界

 

こんにちは!tes です。

 

今回は、2018年11月に制作したみにちゅあーとキット

「サンと山犬」についてお話したいと思います。

 

サンと山犬は、”スタジオジブリmini” という名称の

比較的簡単かつお手軽につくることができる

みにちゅあーとシリーズとして知られています。

 

 

通常のみにちゅあーとキットと

スタジオジブリminiシリーズの違いについては

こちらの記事でもご紹介しております!

 

tes CRAFT x miniatuart

人気ペーパークラフト『みにちゅあーとキット』で作るジブリの世界。手のひらサイズに収まる小ささながら、そのクオリティは最高…

 

それでは、サンと山犬の特徴や制作難易度について

ご紹介させていただきます。

 

サンと山犬について

 

ご存知の方もいるかと思われますが、

スタジオジブリmini作品はサイズ感が統一されており、

『W54×D54×H46mm』程度のコンパクトサイズが

特徴的でもあります。

 

トトロのペーパークラフト

 

他の作品と並べても、

キレイにディスプレイしやすいことがうれしいです!

 

お手頃な商品価格

 

スタジオジブリminiシリーズの相場は、

大体2000円~3000円程度。

 

値段的にも手が出しやすく、

ジオラマタイプのみにちゅあーとキットよりも

簡単につくれることが人気な理由です。

 

引用元:みにちゅあーとショップ【株式会社さんけい】

みにちゅあーとキット スタジオジブリmini もののけ姫 【サンと山犬】
価格:2860円(税込、送料別) (2020/12/5時点)

楽天で購入

 

また、箱がディスプレイスタンドにもなるため、

ミニチュアサイズながら強調力もあり、

見ていて気持ちがいいのです ^ ^)/

 

お手軽な制作難易度

 

サンと山犬は、制作時間のめどが約2時間。

 

スタンダードサイズのみにちゅあーとキットは

制作に8~25時間を要する作品も多いため、

その差は歴然ですね。

 

 

『制作時間=集中力の持続時間』が基準ですが、

作品を1日で作り終える必要はないため、

数日に分けてつくり進めることで、

どの作品にも挑戦はしやすくなると思います!

 

付属パーツと制作工程

 

繊細にレーザーカットされた硬質紙でできたパーツ。

『パーツカット → 組立 → 接着』 という

工程を繰り返して進めていきます。

 

 

また、芝生や苔といった装飾に使うパーツも、

あらかじめ商品に付属しております。

 

難関ポイント❶ 着色作業

 

サンの衣服や頬の一部に着色を施す作業があります。

着色する箇所が非常に小さいため、

先端が細いペンなどを使って着色します。

 

 

難関ポイント❷ 装飾作業

 

芝生や苔づくりといった装飾作業には、

やはり慣れが必要となります。

 

そもそも装飾作業とは、

木・雑草・川といった自然環境をつくる作業で、

ぼく自身が勝手に使っている言葉です。笑

 

 

今回の作品では、地面部分の雑草や周辺の植木、

木々の苔や葉がそれらに該当します。

 


 

ちなみに、装飾を施した状態の作品がコチラ。

 

 

 

雑草などを形成する緑色の粉末(サンドパウダー)は、

専用ボンドで接着するとより質感がリアルになり、

本当の雑草に似た雰囲気が醸し出せます。

 

専用ボンドを用いた制作解説は、

こちらのブログにて詳しくご紹介しております。

 

tes CRAFT x miniatuart

  こんにちは!tes です。   今回は、前回の続きとなる 『トトロのにせ受付』についてお話します!     トトロの…

 

オススメの造形グッズのため、参考にどうぞ!

 

まとめ

 

今回は、商品の概要についてお話いたしました。

次回は、もう少し詳しい制作についてお話します!

 

日々の制作風景は、

SNSを見ていただけたら幸いです ^ ^)/

 

ではでは!

 

tes

 

もののけ姫_みにちゅあーと
最新情報をチェックしよう!