もののけ姫_ペーパークラフト

サンと立体表現の秘密!ペーパークラフトでつくるジブリ世界の臨場感とは

 

こんにちは!tes です。

 

今回は、前回のブログでもお話させていただいた

『サンと山犬』に関する制作記録の続きとなります。

 

 

前のブログを読んでいない方は、

そちらから読んでいただければ幸いです(^ ^

 

tes CRAFT x miniatuart

スタジオジブリminiでつくるもののけ姫のミニチュア世界!今回は、装飾作業が豊富に盛り込まれたみにちゅあーとキット『サン…

 

 

サン)カット前の様子

 

こちらのパーツは、サンの顔面・両腕・両足となる

肌色のパーツが一括りになっています。

 

 

羽織とタンクトップは白色のパーツ、

スカートは紺色のパーツとなっており、

それぞれのパーツが体や衣服として表現されます。

 

 

この流れでいくと、

お面には赤色のパーツが使われるため、

どのパーツがどの台紙に組み込まれているか、

徐々に予想できるようになります。

 

同じ色をした体の部位や衣類などは、

同じ色の台紙にまとめられているという法則は

どの作品でも共通事項になります!

 

作業効率をあげるきっかけでもあるので、

ご参考になれば幸いです!

 

 

サン)カット後の様子

 

各部のパーツを組み合わせ、

お面や頬に少し着色作業を施しました。

完成したサンのペーパークラフトがコチラです。

 

 

目を凝らしてみるとわかりますが、

サンの両手は両足よりも前に飛び出ています。

これが実はポイントとなります。

 

 

みにちゅあーとキットの立体表現

 

先程のサンを参考にしつつ、

実際に自分の体で試すとわかりますが、

右足を前に胡坐(あぐら)の姿勢を取り、

両手を下に伸ばして右足首を掴むと、

両手⇒右足⇒左足の順番で前から重なります。

 

 

言われてみれば当たり前のことですが、

このような現実的な立体感を表現するために、

各パーツは重ねる順番が決まっており、

体の部位や衣服には凹凸ができます。

 

まさに匠の技!さんけい様スゴイ!!

 

 

みにちゅあーとキットの立体表現(例)

 

同作品の山犬についても、

サンと同様の立体表現が確認できます。

 

山犬の頭部・左腕・左足は手前に飛び出ており、

胴体や右足はその後ろに写っています。

 

 

スタジオminiシリーズは二次元構成のため、

正面からのみ作品の世界を見て感じ取れると

下の記事でもお話させていただきました。

 

tes CRAFT x miniatuart

人気ペーパークラフト『みにちゅあーとキット』で作るジブリの世界。手のひらサイズに収まる小ささながら、そのクオリティは最高…

 

ただし、正面からのみ感じ取れる世界観ながら、

奥行きによる立体表現が成されており、

三次元要素も含まれているというわけです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

サンを例に、立体表現が成されている

スタジオジブリminiの魅力をお話しました。

 

つくる過程でそのようなポイントに注目しつつ、

作品の完成を楽しむのもいいですよ。

色々な楽しみ方を取り入れてみてくださいね!

 

ではでは!

 

tes

もののけ姫_ペーパークラフト
最新情報をチェックしよう!