鈴木敏夫とジブリ展

ジブリの情景とセリフの回想!鈴木敏夫とジブリ展の見どころ解説

 

こんにちは!tesです。

 

今回は、ジブリファン大興奮の展示会

「鈴木敏夫とジブリ展」についてお話します!

 

ついに東京でも開催されたので、

ぼくもチケットを購入して早速足を運びました。

 

 

展示会のテーマは『言葉』。

 

スタジオジブリのプロデューサーである

鈴木敏夫の”言葉”に着眼しているため、

会場内ではたくさんの言葉を見ることができます。

 

 

開催場所

 

開催場所は、千代田区外神田二丁目に鎮座する神社、

神田明神の文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール。

 

鈴木敏夫とジブリ展。「鈴木敏夫とジブリ展」は、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫の…

 

 

同日に開催されていた神田祭の影響もあり、

神田明神の敷地内は大賑わいでした。

 

 

鈴木敏夫とジブリ展の見どころ

 

今回の鈴木敏夫とジブリ展は、

『鈴木敏夫 言葉の魔法展』を派生した展示会で、

ジブリのキャッチコピーやコンセプトメッセージとなる

鈴木敏夫の「言葉」に着目したテーマが魅力的です。

 

鈴木敏夫の手書きによる言葉の数々が

展示会場内の壁面に散りばめられています。

 

 

 

目の前に広がるジブリの言葉

 

最初に足を運ぶブースが、『書の間』。

 

鈴木敏夫の名言・格言とも呼ばれる言葉の数々が

額縁に入れられて展示されている独特な空間です。

 

 

【補足】

※一部ブース内の写真撮影が禁止されているため、

写真が掲載できずすみません(^-^;

 

 

レトロな空間と昭和の香り

 

書の間を過ぎると、

昔の漫画やおもちゃの数々が展示された独特な空間へ。

 

「少年期~青年期 鈴木敏夫になるまで」

と称された小さなこの部屋は、

一見、昭和の面影を感じてしまう空間です。

 

 

少年時代の鈴木敏夫が過ごしていた

四畳半の原風景を再現したものとのことですね。

 

ここの空間を見ていると、

鈴木敏夫が小さい頃から歴史漫画や漫画雑誌に

興味をもっていたんだなという風に感じられます。

 

少年期・青年期の好奇心とこの空間が、

今の鈴木敏夫の原点だったんですね。

 

必見ブース!名台詞の間

 

『鈴木敏夫とジブリ展』

1つ目の必見ブースは、「名台詞の間」

 

 

キャラクターが描かれた巨大パネルは、

ゆうに5メートルはありそうな高さと大きさ。

その巨大パネルを背に吊り下げられた名台詞の数々。

 

まじまじとジブリの言葉を見つめ、

ジブリ映画の数々を回想できる空間。

最高の一時でした。

 

 

 

 

資料館と巨大ポスター

 

名台詞の間を過ぎ、

「ジブリにまつわるエトセトラ」というブースへ。

 

そこでは、ジブリを『仕事』として向き合い始めた

鈴木敏夫の様々な資料が展示されてました。

 

サツキとメイの家の図面をはじめ、

ジブリ映画のロゴの下書きやキャッチコピー案など、

鈴木敏夫の努力と積み重ねが想像できる空間。

 

 

劇場公開されていたときのポスターも飾られており、

その当時、劇場の入口でポスターを見て興奮していた

自分の古き思い出が蘇ったような気持ちになれました。

 

 

まとめ

 

鈴木敏夫とジブリ展について、

前半部分のブースと魅力をお話しました。

 

次回は、後半のブースについてお話します。

ではでは!

 

tes

鈴木敏夫とジブリ展
最新情報をチェックしよう!