みにちゅあーと『キキとウルスラのアトリエ』

魔女宅)キキが落下した巨木をペーパークラフトで再現!地道な制作工程を解説

 

こんにちは!テスです。

 

前回・前々回に引き続き、

『魔女の宅急便』のペーパークラフトをご紹介します。

 

みにちゅあーと『キキとウルスラのアトリエ』

 

キキのお友達・ウルスラが生活する山小屋を、

みにちゅあーとキットで再現するお話でしたね。

 

tes CRAFT

  目次 1 1/150スケール)キキとウルスラのアトリエ(魔女の宅急便)2 ペーパークラフト概要3 【はじめに】新しい…

 

前々回の山小屋作りに続き、

前回は小物とキャラクター作りまで解説しました。

 

tes CRAFT

  目次 1 1/150スケール)続き:キキとウルスラのアトリエ(魔女の宅急便)2 【工程❹】土台への設置3 【工程❺】…

 

 

 

今回はその続きで最もタフな工程にあたる

『木』作りについてお話していきます!

何がタフか、皆さんにもお伝えできればと思います。。

 

 

 

【解説編❶】一般的な木づくりとは

 

ジオラマにおいて一般的な木づくりとは、

『トゥリーク』と呼ばれる造形グッズを用いた

木づくりが大半かと思います。

 

引用元:建築模型素材の専門店「光栄堂」

https://koeido.jp.net/youto/syouhin/touri-ku.html

 

トゥリークは光栄堂さんが販売している造形グッズで、

樹木の幹・枝材として扱えるものです。

ぼくのジオラマボードにもたくさんのトゥリークが!

 

ジブリのミニチュア

 

トゥリークは、根元にハンダ付加工がされており、

土台部分に刺しやすい仕様となっています。

 

また、針金(?)が上部に向かって飛び出しており、

これが木の枝のような無造作な広がりを再現するため、

本物の木のような無造作な動きを作ることができます。

とても使い勝手がよくて驚きの一品です!

 

 

葉の部分には『ラウンドスポンジ』と呼ばれる

小さな綿のような造形グッズを使用し、

葉のようなフワフワ感を再現することができます。

 

ジブリのペーパークラフト

 

こちらも光栄堂さんが販売している商品で、

雑草等にも使える万能な造形グッズといえます。

 

 

【解説編❷】木づくり専用のボンドとは

 

さて、ランドスポンジを接着する際、

ボンドや瞬間接着剤を使用しても大丈夫なのですが、

個人的には『草造くん』『葉造くん』をオススメします!

 

引用元:建築模型素材の専門店「光栄堂」

https://koeido.jp.net/youto/syouhin/touri-ku.html

 

かわいい名前ですよね。

 

『草造くん』は、軟らかい質感を再現する役割があり、

草地や砂地表現を担当する接着剤といわれています。

 

『葉造くん』は、硬めな質感を再現する役割があり、

ランドスポンジと混ぜ合わせて低木やブッシュ・

植え込み・樹木の葉としての表現に最適です。

 

1~2日程乾燥させた後の草造くんと葉造くんは、

軟らかそうな質感を保ちつつも、強度があり、

ジオラオ造形グッズとして使い勝手が抜群です。

 

 

【工程❼】木づくり

 

ではでは、本題のペーパークラフトに話を戻します。

 

一般的な木づくりでは

『トゥリーク』『ランドスポンジ』を使用しますが、

さんけい様のみにちゅあーとシリーズでは、

『トゥリーク』にあたる木の幹と枝の部分にも

ペーパークラフトが使用されることが大半です。

 

そのため、ペーパークラフトを用いて作った

木の幹と枝の部分に対して、

ランドスポンジを接着していく形となります。

 

 

トゥリークよりも一見簡単そうな作業ですが、

ペーパークラフトが材料となった木に対し、

ランドスポンジ(葉っぱ)を取り付けていく作業は、

意外にも手間がかかって大変な作業です。

 

 

 

 

【工程❽】葉づくりと装飾作業

 

さて、先程ご紹介した葉造くんを使用し、

木の枝に対してランドスポンジを取り付けます。

 

 

スポンジの湿り気が多すぎる場合、

乾燥するまで2日程時間を要することもありますが、

その間に別の作業を進めるのもありです。

休憩するのもありです。

 

幹の中心から八方向に伸びた枝に対し、

ムラなく葉っぱを取り付けることができれば、

巨木作りは終了です!

 

完成した巨木の写真は、

次回のブログでご紹介させていただきますね!

 

 

まとめ

 

次回のブログでは、

葉をつけていく様子を動画でご紹介しつつ、

この作品を私のジオラマボード上に

組み合わせていくお話をしたいと思います。

 

ではでは!

 

tes

みにちゅあーと『キキとウルスラのアトリエ』
最新情報をチェックしよう!