みにちゅあーと『キキとウルスラのアトリエ』

魔女宅の世界をペーパークラフトで再現!ジブリの街にウルスラのアトリエが新登場

 

こんにちは!テスです。

 

これまで3週に渡りお話してきた魔女の宅急便編、

『キキとウルスラのアトリエ』の最終回となります!

 

 

前回のブログでは、木づくりについてお話しましたね!

 

tes CRAFT

  こんにちは!テスです。   前回・前々回に引き続き 『魔女の宅急便』のペーパークラフトをご紹介します。   みにちゅ…

 

今回は、木づくりの最終工程にあたる

『葉っぱ』の取り付け作業についてお話します。

 

また、完成したキキとウルスラのアトリエは、

ジオラマボード『第二の街』へ追加していきます。

その点についても最後にお話します!

 

 

【工程❾】木の葉っぱ取り付け作業

 

前回のブログ後半でもお話した通り、

木の葉っぱにあたる綿のパーツを

『ランドスポンジ』と呼びます。

 

ジブリのペーパークラフト

 

ランドスポンジは専用のボンドを使って

木の枝部分に間引いて接着していきます。

 

このボンド(草造くん・葉造くん)は単体で使わず、

紙コップ等に適当な水を入れた状態で混ぜ合わせます。

 

 

十分に湿ったランドスポンジを接着する際、

木の枝にも木工用ボンドを塗布しておくと、

枝に接着しやすくなるので個人的にはオススメです!

 

この専用ボンド(草造くん・葉造くん)ですが、

木の枝に取り付けた後、1日~2日程乾かすと、

見事なまでに本物の葉のような質感へ変化します。

 

軟らかそうな質感は維持しつつ、強度も上がるため、

木の枝から外れてしまう心配も少なくなりますよ!

 


 

また、葉っぱを取り付けている作業については、

下の参考動画でもご覧いただけます。

 

 

 

【工程❿】ジオラマボードへの設置

 

さてさて、完成した木と山小屋(アトリエ)、

キャラクター達や小物を土台へ設置した後、

芝生を振りかければ当作品は完成となります。

 

私のジオラマ制作では度々のことですが、

基本、作品を説明書通りには完成させず、

他の作品と融合させる形で作り終えます。

 

今回は、アトリエと土台・切り株だけを土台に接着し、

この状態で既存のジオラマボードへ設置の上、

木や葉っぱといった装飾作業を施していきます。

 

 

上の流れで設置した後の作品はこんな感じです!

 

 

神社の木々と広い草原に馴染むような形で、

ウルスラのアトリエを設置することができました。

 

魔女宅の劇中では山奥にあったウルスラのアトリエも、

ここでは道路に面した目立つ場所に設置してあります。

 

 

【工程⓫】木の設置

 

完成した木もジオラマボードに設置していきます。

設置する位置は、ウルスラのアトリエと

もののけ姫に登場した物見櫓(ものみやぐら)の中間。

 

 

物見櫓のすぐ左横にある広い草原には、

元々タタリ神とアシタカだけがいたのですが、

その周辺の草原は平べったい上にメリハリが少なく、

特徴に欠けている状態でした。

 

 

そこで、本来ならアトリエの真横に設置する木を

あえてアトリエから少し離れたこの草原に設置し、

平坦な草原に大きく・高い木を存在させることで、

草原の陳腐なイメージを大きく変化させました。

 

 

キャラクターの設置位置は説明書通りですが、

キキのペーパークラフトは木の上らへんに、

ウルスラとカラス達はアトリエの屋根の上に設置し、

魔女宅の忠実な世界観へと近づけました。

 

映画さながらの雰囲気も感じられて良い感じです。

 

 

まとめ

 

『キキとウルスラのアトリエ』は今回で最終話。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

同じみにちゅあーとキットとは言えど、

作品ごとの難易度や癖のある作業には差があります。

今回はとにかく、木の制作が手間取りました。

 

このブログやSNSの投稿をみて、

「私には作れ。。」と思われるかもしれませんが、

ジブリ作品だけあって没頭できる方も多いと思います!

興味がある人は、是非作ってみてくださいね(^-^

 

また次回のブログでお会いしましょ!

ではでは!

 

tes

みにちゅあーと『キキとウルスラのアトリエ』
最新情報をチェックしよう!