ジブリのペーパークラフト

ドールハウスのような地下住居!アリエッティの小人ハウスを作ってみた

ジブリのペーパークラフト

 

こんにちは!tes(テス)です!

 

前回のブログからお話している

「借りぐらしのアリエッティ」。

 

ジブリのペーパークラフト

 

今回は、制作時間が25時間近くを見込んでいる

当作品の細かい部分を紹介したいと思います!

 

前回のブログをまだ読んでいない方は、

こちらからご覧くださいね(^ ^)/

 

tes’CRAFT

みにちゅあーとキットで作るアリエッティの地下住居。完成までの制作時間は、驚異の25時間?!今回は、過去一の難易度ともいえ…

 

 

最初の土台作りはまだしも、

次からの作業は地道極まりなさそうです。。

 

 

制作① チェストづくり

 

様々な家具作りが必要となる今作ですが、

中にはそこまで難しくない家具作りもあります。

 

例えば、下のようなチェスト作り。

 

 

チェストの正面・側面・背面・天板は接着しやすく、

引き戸の取っ手部分はサイズこそ小さいものの、

接着箇所がパーツに記されているので作業は簡単。

 

完成したチェストは下の箇所へ設置して完成。

この工程は、至ってシンプルな流れです。

 

 

 

制作② タンス編

 

ちょい難しいと言えるタンスづくり。

それがコチラ。

 

 

写真では分かりにくいですが、

このタンスは、ほぼほぼシンメトリー(左右対称)。

 

“ほぼ” のため、同じサイズ・同じ形に見えて、

実は違うとされるパーツが多いのが特徴です。

 

中でも葉っぱの形をした緑パーツとピンクパーツは、

接着箇所が微妙に違うので注意。

取扱説明書をよく見て作業を進めましょう。

ぼくは何回か失敗しました!笑

 

 

完成したタンスを設置したら、次の工程へ。

 

 

制作③ キッチン編

 

色んな小物を作り終えましたが、

キッチン周りのパーツは特にヤバいです。

 

その内訳をお話していきましょう。

 

ジブリのペーパークラフト

 

丸みが難しいお鍋の側面

 

ペーパークラフト制作で “難しい” の定番といえば、

丸みをつけるために厚紙を曲げる作業。

 

ここでは、お鍋づくりが良い例となります。

 

 

お鍋といえば、丸みのある形をしていますよね?

つまり、お鍋の側面を丸まらせる必要があるため、

まずはペンなどで丸みを作っていきます。

 

適度に丸まった鍋の側面部分を、

今度は底および蓋のパーツの縁に沿って接着し、

下のような鍋が完成します。

言葉では説明が難しくてすみません。

 

 

この丸みをつけて接着する作業も大変ながら、

持ち手部分はピンセットの先端と同じくらいの小ささ。

ピンセットが力み過ぎたら、パーツが吹っ飛ぶレベル。

 

かなり大変な作業です( 一一)

 

 

極小サイズのお玉とターナー

 

人差し指よりもさらに小さい。。

この小ささからも接着の難しさがわかる

お玉とターナーのパーツがこれです。

 

 

とにかく小さいので、

とにかく少量のボンドでも十分くっつきます。

 

適度に塗布したボンドでパーツ同士を接着し、

ピンセットで微調整しながら向きを揃えてください。

 

ちなみに、私は2つのターナーの位置ズレに気づかず、

そのまま固定されてしまいました。。

 

 

制作➃ 大量の小物編

 

今作については土台を作った後、

ひたすら家具類を作る作業となります。

 

下の写真にあるような食器棚をはじめ、

お皿や花瓶、樽、食器トレー、椅子、葉っぱなど、

とにかくコツコツと小物を作ります。

 

 

小物作りさえ乗り越えてしまえば、

あとは完成に向けて設置していくだけ!

 

 

まとめ

 

完成したアリエッティの地下住居がコチラ!

 

ジブリのペーパークラフト

 

ドールハウスのような作品でしたね!

 

散々苦労した小物づくりですが、

いざ完成した作品を隅々まで見ると、

その小物たちがとにかく輝いています。

本当に可愛い。。

 

ジブリのペーパークラフト

 

興味をもった方は、ぼくの記事を参考にしつつ、

細かいところに注意しながら作ってみてくださいね!

 

引用元:みにちゅあーとショップ【株式会社さんけい】

 

次回も、借りぐらしのアリエッティに関連する

ペーパークラフトをご紹介します!

 

ではでは!

tes