なつかしのジオラマシリーズ『鉄塔A』

MP03-50『なつかしの鉄塔』制作/完成レビュー【レトロシリーズ】

 

こんにちは!tes です。

 

今回は、なつかしのジオラマシリーズより、

『鉄塔A MP03-50』をご紹介します。

 

 

見た感じは薄めのパッケージ。

果たして中身はどんな感じでしょうか。

 

 

商品概要

 

裏を見ると、あからさまにパーツが少ない。

確かに、表紙の完成作品を見ても、

シンプルなパーツ構成であることが分かります。

 

 

実際に開封して並べてみました。

 

 

『(たったこれだけ?!)』

 

パーツが少ない=簡単に作れるという印象ですが、

メーカーサイトには下記のような説明があります。

 

■商品名

なつかしのジオラマシリーズ【鉄塔A】

■セット内容

鉄塔Aキット(切文字付き)

組み立て説明書

■スケール

S=1/150

■サイズ

W35×D35×H164mm

■対象年齢

12才以上

■組立て所要時間

約2時間

 

組立て所要時間は約2時間。

どうやら、パーツは少ないけれども、、

作るのに手間取る作品らしいです(!)

 

 

商品説明 – 引用元:みにちゅあーとショップ(楽天市場)

 

少ないレーザーシート

 

レーザーシートの枚数はたったの4枚。

 

鉄塔の骨組みとなるパーツが2枚、

土台が1枚、『電線注意』の切り文字が1枚。

 

 

切り文字部分のカットは難しそうですね。

 

他、サイズとしてはどれも大きいものばかり。

カットしやすい印象ではありますが、

鉄塔の骨部分は強度が低く、壊れやすいです。

 

 

制作工程❶(鉄塔上部)

 

それでは、早速作り進めましょう。

まずは、鉄塔の上半分を完成させます。

 

 


 

鉄塔上部には4つのパーツが用いられ、

腕が飛び出した方のパーツが『A-3』

平べったく縦長のパーツが『A-1』です。

(各2枚ずつ=計4枚あります)

 

パーツA-3

 

パーツA-1

 


 

パーツA-3に関しては、

左右6箇所の腕部分と先端部分を内側に曲げます。

曲げる際は、テーブルの角(下写真)や定規を用いて、

30度近くで癖付く程度にゆっくり曲げていきます。

 

 

パーツA-1を含め、全4箇所の先端部分も同様に曲げ、

パーツA-3の両側にパーツA-1を接着していきます。

まずは、3つの先端部分を重ねて接着しましょう。

 

 


 

しっかりと乾き始めたら、

余った一面に対してパーツA-3を貼り付けて、

腕の先端部分6箇所をしっかり接着していきます。

 

 

これで鉄塔の上半分は完成です。

 

制作工程❷(鉄塔下部)

 

鉄塔の下半分は、曲げる作業はないため、

パーツA-2とB4を組み合わせるだけとなります。

 

 

パーツはたったの4つ、曲げる作業もなし。

一見簡単な作業ではありますが、

一癖ある作業もあるので次に述べさせていただきます。

 

【!】ボンドの塗布が地味に難しい

 

鉄塔の下半分だけで長さ112mm。

ご覧のように、骨組みによる構成となっているため、

ボンドを塗布する箇所が非常に狭いです。

 

 

当然、付けすぎるとはみ出てしまうので、

なるべく少なくボンドを塗布するのですが、

塗布する量が不十分であるが故に接着ができず、

端っこだけ・真ん中だけ浮いてしまうことも。

 

 

オススメとしては、

爪楊枝のような先端が尖っているものを使用し、

ボンドの小さな玉を一直線上に点々と置くこと。

 

ムラなくボンドの玉を並べつつ、

最小限の塗布量に抑えることで、

理想的な状態でパーツをくっつけることができます。

 

 

完成した鉄塔の下半分がこちらです。

 

 

制作工程❸(接合)

 

完成した鉄塔の上半分と下半分を接着。

ここは瞬殺で終わる工程です。笑

 

 

 

完成写真

 

完成した鉄塔がこちら。

手のひら1枚分くらいの長さなので、

他の作品よりも大分目立ちます。

 

 

説明書通りに作る場合は、

この後に土台と切り文字の接着が入ります。

 

私の場合は、ジブリのジオラマボードのどこかに

この鉄塔を貼り付けていく予定なので、

一旦この状態で保留にしたいと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、ジブリシリーズとは趣旨の異なる

なつかしのジオラマシリーズをご紹介しました。

 

なつかし~の作品は、昭和の時代を知る方々には

特に興奮してしまうようなミニチュアが多い印象です。

 

ジブリのジオラマボードとどう融合させるか、

悩みどころではありますが、

近々作る予定のハッタ―帽子店の近くに

こちらの鉄塔は置くか検討中です。

 

この先もtes CRAFTのジオラマ制作活動を

お楽しみいただければ幸いです!

 

ではでは!

 

tes

 

 

『鉄塔A』の商品ページはコチラ

なつかしのジオラマシリーズ『鉄塔A』
最新情報をチェックしよう!